ネオブ(neobu)

すごくどうでもいい日常を書き綴っています。他、マニアックなパソコン関係の知識や、ゲームの話等、neo(ネオ)が変なことを繰り広げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

パスポートを取得してみた

高校生からの夢を近々叶えるため、
パスポートをまずは取得と決意し、
行動してみた。

まず、パスポートに必要なものを調べた。
・戸籍謄本もしくは戸籍抄本
・一般旅券発給申請書
・16000円(←10年物です)
・パスポート用写真

戸籍抄本がまずは必要ということで、
本籍近くの役場へ出向き、
500円の費用を支払って戸籍抄本をゲット。
この際、本人確認書類が必要です。
自分の場合は、運転免許証で大丈夫でした。
(戸籍抄本ってタダだと思ってたw)

戸籍抄本を持って、次は旅券事務所へ行きました。

写真はまだ撮っていなかったのですが、
旅券事務所の近くに絶対撮る場所があるだろうと
思い、当日まで写真は撮っていませんでした。
案の定、旅券事務所の近くに写真を撮ってくれる場所が
あったので、そこで写真をゲット。

旅券事務所に入り、一般旅券発給申請書をゲット。
一般旅券発給申請書に大量に記入し、窓口へ。

窓口で戸籍抄本、一般旅券発給申請書、写真を渡します。
渡してから、本籍、生年月日、氏名を言います。
んで、旅券引換券みたいなものを受け取り、その日は終了。

ちなみにパスポートが出来るまで、自分の場合は一週間丁度でした。
場所によっては、一週間以上かかることがあるので、
最短で出来る場所を自分でしっかりと調べましょう!

そして、一週間後!

申請しに行った場所を再度訪れ、
支払いの後、パスポートをゲットします。
支払いについてですが、現金ポンじゃ駄目です。
収入印紙と証紙が必要なのです。

収入印紙は14000円で、郵便局で手に入れます。
「収入印紙、14000円分ください」って言えば買えます。

証紙ですが、郵便局の人に聞くと、
「隣のタバコ屋で買えますよ」との事。

タバコ屋で買えるんだ・・・

証紙2000円分を買いに隣のタバコ屋へ。
「証紙、2000円分ください」と言うと、
店員さんから「クレジットカードはありますか?」と聞かれました。

え、証紙買うのにクレジットカードいるの?と思ってしまったw

「旅行に行くならあった方が便利ですよ」
と店員さんが勧めてくるので、
「クレジットカード持ってますよ」と答え、証紙2000円分を購入。

旅券引換券的なものと、証紙と収入印紙を持って窓口へ。
そこで上記2枚を旅券引換券に貼り、提出。
そしてまた本籍、生年月日、氏名を言うことに。
窓口の方から了承を得たら、赤い物体を渡されます。

ついに、パスポートをゲット!!(>▽<)

中央辺りが固いのですが、ICチップが入っているみたいです。
帰宅してから家族にパスポートを見せると、
写真を見て、

父「誰、この指名手配犯?w」

とか失礼なことを言ってましたが、無視しました。
ちなみに自分でも父親と同じ事を思ったのは内緒です。

--------------------
ランキング参加してるので、クリックしてくれると嬉しいです^^
ブログランキング・にほんブログ村へ
にほんブログ村


テーマ:海外旅行記 - ジャンル:旅行

イベント | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<DQMのまよいの扉 迷路(ダンジョン)がわからん | ホーム | 将棋 vsハム将棋>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。