ネオブ(neobu)

すごくどうでもいい日常を書き綴っています。他、マニアックなパソコン関係の知識や、ゲームの話等、neo(ネオ)が変なことを繰り広げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

ローソンでのクレーム(郵便物の計測・計量)について

「ローソン店員の教育があまい」

と思う出来事がありました。
それは、定形外郵便の角形2号の封筒を
ローソンに持っていった時の話です。

初めてローソンに郵便物を持っていった時、
優しそうな店員さんが郵便物の重さを量ってくれて、
しかも、封筒に切手を笑顔で貼ってくれました。
無事に郵便物を出すことができました。

店員A「ありがとうございました!」

「親切な店員さんだったな~」
「これならまたお願いしたいな」
「気分がいいし、ついでにお菓子も買おう!」

と、この時は思っていました。

そして、また定形外郵便を出すことになりローソンへ。
前の店員さんとは違うものの、前と同じく、
重さを量ってくれないかとお願いしました。
すると、

店員B「本コンビニでは、そのようなサービスは行なっておりません」

と言われました。

ネオ「でも、前にお願いした時は量って頂いたんですが...」

と言うと、少し困惑しながらも、重さを量ってくれました。
そして、切手は自分で貼りました。


が、事件が発生。


その店員さん、定形外郵便と定形郵便の重さを間違え、
貼った切手が間違っていました。
郵便物をポストへ入れて、手遅れの時に気付きました。
次の日にオレは、郵便局へ郵便物を取りに行きました。

そして、ローソンへ行って、その旨を伝えました。

元々、計量自体がサービスではなく、店員さんが
厚意でしてくれていたことなんだろうな~と勝手に思っていました。
(※正式なサービスかは不明)

しかし、秤があるのに、サービスを行なっていないなんてあるのかな?
ま、それはいっか。

そして、再び郵便物を持っていきました。
また違う店員さんでした。
同じように郵便物の計量を頼みましたが、

店員C「本コンビニではそのようなサービスは行なっておりません」

またか・・・
でも、再び前の店員さんは計量を行なってくれたことを伝えると、

店員C「実は、以前に郵便物に関して、クレームがありまして」

え?

店員C「全国のコンビニでそのようなクレームが起きないよう、郵便物の計測・計量は廃止になりました」

ネオ「へ~、そうなんですね~。ちなみにどこのコンビニですか?」

店員C「実は、このコンビニなんですよ、発端は」


オレじゃねーか


貼る切手の金額は覚えていたので、
ネオ「120円分の切手ください」
と伝えました。
切手の金額を覚えておいてよかった・・・

すると、

店員C「では、どの切手にしますか?」

と店員さんは切手のミニフォルダーをオレに見せた。
え、オレが選ぶの?
今までは、店員さんが○円の切手を何枚でよろしいですか?
と提案してくれていたのですが・・・

ネオ「じゃあ・・・」

言おうとした時に、店員さんが言いました。

店員C「80円切手1枚と、10円切手4枚でよろしいでしょうか?」

言うの遅いわw

てか、50円切手2枚と、10円切手2枚の方が見栄えいいだろ。
店員さんの提案だと、計5枚の切手が封筒に貼られることになる。
そのことを店員さんに伝えると、

店員C「はい、かこっ、畏まりました」

最後かんでるしw

ぶっちゃけ、気分を害し、そのコンビニで二度と郵便物を
出さないでおこうと思いました。
あと、店員Cさんがいる時、お菓子も買おうかと思いましたが、
買うのをやめました。



これが、「売り手」「買い手」の関係ですよね。
今回の出来事は、よくそのことが心情として表れていると思いますが...

店員A、B、Cさんを比較してほしい。
買い手としては、どの店員さんが一番好きですか?
売り手は、どの店員さんが理想ですか?
どの店員さんならお客は気分がいいのだろうか?

クレームに対して、その事象が起きないよう対応するのは大事だと思いますが、
そのサービスを廃止するまでの出来事だったのだろうか?
自分が代表なら、各店舗に注意をし、よりよいサービスを目指しますが。
今回の出来事により、郵便物の計測・計量が廃止になったことを謝罪したい。
ローソンが郵便物の計測・計量を廃止することにより、
計測・計量をしてほしい人たちはどう考えてローソンで買い物をするのだろうか...

母親が最近、あのコンビニの店員の態度悪いわ・・・
と溢していたことが、少しわかるような気がした。

テーマ:意見・つぶやき - ジャンル:ビジネス

どうでもいいこと | コメント:4 | トラックバック:0 |
<<将棋を始めた | ホーム | 君に届け 全部読んだ>>

コメント

クレーマーがサービスを潰した良い例ですね。
2013-01-29 Tue 17:31 | URL | [ 編集 ]
東京の板橋区になるのかな、ローソン浮間舟渡店に荷物を宅配するため荷物をだしに行ったら、中高年の男と女の店員。呼びつけないと来ないし、迷惑と言わんばかりの態度。カチンときたので、郵便番号を書かずにいたら郵便番号かいて下さいと女店員。知らん、お前が調べろよ、と命じたところ、番号索引を棚から取って書いて頂かないと受け付けないことになっていますとほざいた。客商売のイロハ、従業員教育がなってないね、ろーそん。
2013-05-03 Fri 14:17 | URL | 金正日 [ 編集 ]
コメントありがとう!

ローソンは接客態度がひどい・・・サンクスとかは結構いいんですけどね~・・・
2013-05-18 Sat 22:41 | URL | Nasty Neo [ 編集 ]
安心しなさい。2008年頃に郵便局から文書で計量禁止の告知と秤の回収は行われているから。理由は郵便局以外の場所で起こるトラブルや苦情が多すぎて対処出来ないから。お客様への告知文は無いので昨日まで出来ていたサービスが急に無くなった事で、コンビニ側の応対がバラバラになってしまい未だに計量関係で苦情は続いていると。冷静に考えれば高校生や大学生に個人情報の塊を任せる方がアレだよね。素直にプロに任せましょう。
2015-10-13 Tue 07:46 | URL | [ 編集 ]

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。