ネオブ(neobu)

すごくどうでもいい日常を書き綴っています。他、マニアックなパソコン関係の知識や、ゲームの話等、neo(ネオ)が変なことを繰り広げます。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

スポンサー広告 |

Ajaxとは

今回は最近よく聞くAjaxについて解説していきましょう。

Ajaxとは Asynchronous JavaScript + XML の略称です。
Asynchronousとは、非同期のことをいいます。
JavaScriptの組み込みクラスであるXMLHttpRequestを利用した非同期通信を利用し、
ブラウザ上に既存の枠組みにとらわれないインタフェースを実装するための技術です。
簡単にいいますと、Ajaxという技術が存在しているわけではなく、
DHTML(JavaScript + CSS)とXMLHttpRequestにサーバサイドの
ウェブアプリケーションとを加え合わせた技のことをAjaxと呼びます。

一番身近なものではGoogleMapsがあります。
Ajaxの要素にはXMLも含まれていますが、実際にはXMLHttpRequestで
取得したHTMLソースをJavaScriptのinnerHTMLで流し込む方法もよく使われています。

ページロードをすることもなく動的にページを書き換えることが出来るので、
私も使える場所ではなるべく使用するようにしています。
非常に便利なAjaxですが、弱点もあります。

同ページで動的な書き換えを数回行なったあと、ブラウザの「戻る」を実行されることです。
ユーザー側からしてみれば、「戻る」でひとつ前の状態に戻したいという思いで戻るを
実行するわけですが、ブラウザの「戻る」は、ページがひとつ前の状態に戻ってしまいます。
ユーザーが蓄積してきた情報が一瞬にして全て失われるのです。
こういったことも起こりますので、便利とはいえ、多用するのはよくないということです。

テーマ:パソコンな日々 - ジャンル:コンピュータ

PC関係 | コメント:0 | トラックバック:0 |
<<学歴詐称疑惑ツール | ホーム | Cookie(クッキー)について>>

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

| ホーム |
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。